« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004.08.29

外国為替取引について 相場の心得

 外国為替取引をする場合の心得についてお話します ranking 

 バブル崩壊以降は低金利でほとんど利子がつかない日本の預貯金より利率が高いものが多い通貨の国が多いということはご存知かもしれません。

 一般的に、現物通貨の交換レートでは、売買価格の差に銀行等の手数料が加算されていることから大きく取引価格が動く場合でないと利益を確保することは困難であり、逆に、値が下がったり、動かなければ金利の加算だけでは投資額を下まわるリスクがあります。

 外国為替の証拠金取引において取り扱われる交換レートは、取引額により異なりますが、手数料としては、10銭から20銭程度の差になっています。

 しかし、投資額の数十倍の単位を取引することから、値段の変動によっては大きな利益と逆になれば大きなリスクが発生してしまいます。

 外国為替取引は、自然災害・原油相場、テロ、クーデター等国際情勢の変化により瞬時に変化するため、常に取引においては注意が必要です。

  
 外国為替取引は
    不急な資金の3分の1程度
が限度でそれ以上では、反対に相場が動いた場合のナンピン買いの余力が無いため、避けたほうが良いと思います。 ranking 

 
 外国通貨には、米ドルと連動する通貨が多いのですが、ヘッジファンド等が思惑などを強めて通貨に仕掛けが入り動意つく場合には、連動離脱や単独で反対に動くことも多くなったり、パターン化した動きが突然、急変して途切れることもしばしば目に付きます。  

   人気ブログランキングへ ← 参考になったらクリックをお願いします。 

 また、スプレッドが取引において、付く場合と取られる場合があります。この金額も日によって変化します。これのみに意識を取られると、それ以上に為替の値段が変動し、名目上の損金を生じさせることがあるため、注意が必要となります。 ranking 

 変動範囲の5割から8割程度を想定した取引を目標にして参加して、儲ける事より損をしないことに心がけると良いと思います。
     ---(あたりまえのお話かもしれません。)

    ○ 外国為替証拠金取引業者を選ぶポイントは?
    ○ 外国為替証拠金取引のメリットは?
    ○ 外国為替証拠金取引のデメリットは?

 

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ