« REIT(不動産投信) | トップページ | 台風の影響 »

2004.09.20

ジャンク債

 ジャンクとは英語で「くず」のことです。
 つまり、紙くずになるリスクがある債権と言うことになります。一方では、利回りが高い債券のことを指しもします。
 ジャンク債は、信用の少ない格付けがダブルB格以下の投機的格付けの債券の中でも信用度が低く経営破綻でデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が高い経営難の企業の社債などを言います。こうした会社が債券発行により資金を確保するには、債券償還までの期間潰れない事が必要であり、当然,信用の少ない会社の債権であればリスクを背負った債権ということで額面より相当安い金額(額面に対して利回りが高くなる)でなければ誰も買いません。ですから、優良企業の社債より利回りが高くなります。金融機関の金利上昇に対しては、景気原則懸念等によりジャンク債は価格を下げる動きになります。
 国債も国の信用度により利回りが違います。だだ、公定歩合等の上昇など金融機関の取引金利が上ると償還期間の利回りが高くなるため、取引される価格が下がることになります。

« REIT(不動産投信) | トップページ | 台風の影響 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/1477428

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク債:

« REIT(不動産投信) | トップページ | 台風の影響 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ