« 相場急変へのシナリオ | トップページ | 米ドル急落後の展開 »

2004.10.03

ペッグ制

 自国通貨と、米ドルなど特定通貨との交換レートの変動幅を小さくしてほぼ固定した状態にした制度のこと。
 ペッグ制は、貿易規模が小さく、輸出競争力のある産業をもたない国等が、多く採用をしており、貿易を円滑に行う等の理由から、自国の通貨を貿易など経済的に結びつきの強い国の通貨と連動させさせている。
 ペッグ制を取ると、特定通貨との為替レートは一定に保たれるが、その他の通貨との為替レートは変動する。
 つまり、元と米ドルの間がペッグ制で交換レートを決めていれば、米ドルに対し円高になれば同じ変動率で対中国元に対しても円高になるということ

« 相場急変へのシナリオ | トップページ | 米ドル急落後の展開 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/1580401

この記事へのトラックバック一覧です: ペッグ制:

« 相場急変へのシナリオ | トップページ | 米ドル急落後の展開 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ