« 取引業者の選びかた | トップページ | 株は自由経済の象徴ではないのか? »

2005.01.20

取引の感覚を養うにはどうしたらいいのかな?

 為替取引の動きをは、1時間単位のボリンジャーバンドで見ると値動きの流れを見れば、数時間後に変化する動きは凡そ予想して読むことが出来ます。
  取り扱う額が小額の場合は、この期間を長く取って利益予測をした上で取引は1時間単位と5分単位のボリンジャーバンドで見て判断します。ranking
 
 なお、取り扱い金額が大きい場合は、ボリンジャーバンドの短い期間でのショートレンジで値幅を取って利益を確定しながらポジションチェンジを繰り返すことで、リスクヘッジをかけながら利益を確保していくことになります。

 デイトレの中でも特に短時間に小さい値幅取りを繰り返すスキャルピング取引などでも方向性を掴む上からも必要な知識となります。

 

  にほんブログ村 為替ブログへ ← 参考になったらクリックをお願いします。   
     にほんブログ村

      

 

 初めて、為替取引を行う場合には、為替の変動パターンを読むことが出来ないため一定期間はバーチャル取引などで
  相場の変動パターンの感覚
 を養ってから取引をすることが賢明です。

 ただ、経済指標や戦争・紛争、災害など外部要因の影響などで為替の変化は早く、取り扱いボリュームも急激に増えるため常に流れを見て判断することが必要で、情報が同じであれば結果が同じでなければなりませんが、常に同じにならないというのが相場というもので確実に当てていくことは理想ですが、常勝将軍になるのはやはり難しいと思います。

 
    ○ FXによる儲け方
    ○ 取引で損はしないことが一番大切
    ○ 取引を行う業者を決める

    
    

 

« 取引業者の選びかた | トップページ | 株は自由経済の象徴ではないのか? »

はじめてのFX CFD BO」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/2521509

この記事へのトラックバック一覧です: 取引の感覚を養うにはどうしたらいいのかな?:

« 取引業者の選びかた | トップページ | 株は自由経済の象徴ではないのか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ