« 郵貯・簡保資金の行方は? | トップページ | 経済指標 »

2005.05.03

相反する見込みと動き

 ニューヨーク外国為替市場では2日、円 が対ドル、対ユーロで下落した。理由としては北朝鮮が日本海に向 けた短距離ミサイルを発射したとの米政府発表を受けたもので円への売り圧力が高ま った結果だ。これの動きは今も続いているが強くはない。

 

 リーマン・ブラザーズ・ホールディングス は円が対 ユーロで上昇するとの見通しに基づいたポジションを積むよう推奨しており、中国に人民元切り上げを求める動きが過熱している」と指摘した。同社 はまた、ユーロは円以外のアジア通貨に対しても下落するとの予想を示した。→ ドイツの国内GNPが1%に低下するとの指標発表等を受けてのものだろう。
 
 動きはあるものの波がある状態ではなく方向性は定まっておらず揺らいでいる程度の動きで注意は必要だが今のところ大きな変化はない。

 

  ・    ・ 
      ↑このサイトが何位か見てみる。

  

« 郵貯・簡保資金の行方は? | トップページ | 経済指標 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/3960476

この記事へのトラックバック一覧です: 相反する見込みと動き:

« 郵貯・簡保資金の行方は? | トップページ | 経済指標 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ