« 売りが強まり値を崩すか? | トップページ | 米国債が発行増にもかかわらず上昇 »

2005.05.14

ダウンサイドリスク

 相場を押し下げるリスク要因のことをダウンサイド・リスク(下方リスクといいます。
 この相場形成におけるのダウンサイド・リスクとして考えられるものは、

     
為替相場の変動
     国内外景気の悪化
     企業業績の悪化
     競争力の低下
     技術情報等の漏洩
     政治力学的な動き(動乱、革命、政権崩壊など)


等様々なものが関連してきます。

 投資を行う場合、常に「ダウンサイド・リスク」を把握して対処することが必要です。
 ただ、仕手化した相場形成の場合はこれらのリスク要因とは関係なく動く場合があり判断をする絶対要件とはならないことに注意していることも必要です。

 
 

« 売りが強まり値を崩すか? | トップページ | 米国債が発行増にもかかわらず上昇 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4124384

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンサイドリスク:

« 売りが強まり値を崩すか? | トップページ | 米国債が発行増にもかかわらず上昇 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ