« 核実験 | トップページ | 米州通貨が動意付いている »

2005.05.07

石油価格とCHF

NYMEX原油6月限

 6日のNY原油は小幅続伸した。
 投機筋の買戻しにより一時52ド ル台を回復したが、後半は売りに押された。当面の底はつけたと見た投機筋が買い戻しを加速、52ドル台まで値を伸ばした。
 目先の供給過剰感は強く高値では売りが膨らむ。中盤以降は軟調な展開が続き、引け前にはマイナス圏まで 値を下げる場面も見られた。
 終値  50.96 △0.13

NYMEXガソリン 6月限 147.60 ▼0.32
暖房油      6月限 143.11 ▼1.26

 石油製品は目先の供給過剰見通しを手がかりに売りが膨らんでいる。原油が高騰した場合は資金シフトが産油国に渡りやすく為替が影響を受けやすい。第1四半期にCHFにシフトした資金が投資先を求めて流出しているような動きでCHFが対円で値を下げた。
 来週はCHFが87円台を回復しなければ底値は深く抉れ86円20銭まで値を消しそうだ。

 
        
   

« 核実験 | トップページ | 米州通貨が動意付いている »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4024409

この記事へのトラックバック一覧です: 石油価格とCHF:

« 核実験 | トップページ | 米州通貨が動意付いている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ