« 波乱含みの相場になりそうだ | トップページ | 郵貯・簡保資金の行方は? »

2005.05.01

対日取引は不調だが

 商取引の範囲の話であるが、4月30日中国最大の輸出見本市といわれる97回目の広州交易会が12日間の日程を終えて閉幕した。
 日本からの来場者数は約5100人と前回の昨年秋を 20%程度下回り、成約額も同20%減の9.7億ドルに落ち込んだ模様だ。
 全体の来場者は20万人(△16.5%)と成約額は過去最高を更新し292.3億 ドル(△7.5%)に達しており、日本向けに限っては反日デモの 影響が直撃した格好で大幅な減少となった。
 全体的な比率から言えば取引額の5%弱であり対日取引の占める割合は減少したものの影響は取引商品の種類や利益率等を見なければ何とも判断できないが、感覚的には少ないと思う。

 

  ・    ・ 
      ↑このサイトが何位か見てみる。

   

« 波乱含みの相場になりそうだ | トップページ | 郵貯・簡保資金の行方は? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/3931858

この記事へのトラックバック一覧です: 対日取引は不調だが:

« 波乱含みの相場になりそうだ | トップページ | 郵貯・簡保資金の行方は? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ