« ユーロと米ドルの動き | トップページ | 不確実な経済の動き »

2005.05.29

フランス国民投票

 29日にフランスでは国民投票で欧州連合(EU)憲法を批准するか否決するかの判断が明らかになる。
 ユーロ経済はこの結果により方向性が決まることから、為替相場が大きく影響を受けて変化することも予想される。

EU憲法が批准された場合
 ・ ユーロ はドルに対して1.30ドルに達する可能性
 ・ NY株式相場は批准の可能性を織り込んでいないため下落
 ・ ユーロ相場の大きな押し上げ効果が発生

EU憲法が否決された場合
 ・ ユーロ相場が1.23ドルを割り込むことの可能性は低いが暫くは低調な動き

 
 

« ユーロと米ドルの動き | トップページ | 不確実な経済の動き »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4321121

この記事へのトラックバック一覧です: フランス国民投票:

« ユーロと米ドルの動き | トップページ | 不確実な経済の動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ