« 米国債が発行増にもかかわらず上昇 | トップページ | 底値確認した »

2005.05.16

底値確認になるか

 豪ドル、NZDのトレンドを見ると底割れの気配で反発しても移動平均線付近で売り戻される動きが続いている。
 上線まで買い戻せばトレンド変化するだろうが今のところ見込みは薄い。
 米ドルとCHFが30銭前後まで買われている動きのほかは動きの変化は見られず底値を確認する動きが強まりそうだ。

        
   

 

 

« 米国債が発行増にもかかわらず上昇 | トップページ | 底値確認した »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4155512

この記事へのトラックバック一覧です: 底値確認になるか:

« 米国債が発行増にもかかわらず上昇 | トップページ | 底値確認した »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ