« 米国の労働時間と賃金 | トップページ | 原油価格と為替相場 »

2005.06.05

ユーロ暴落

 ユーロは2日以降1年物オプションのコールにプレミアムが付かなくなっているようだ。
 目先売りの力が台頭値崩れする見方が強まっているが、既に売り込まれてボトムライン割れ部分に到達している。
 フランス、オランダでEU憲法の批准が否決されたが、デンマークでも同様の結果になりそうで今週も売りが優勢の感がある。
 だが、批准が否決されても本来なら欧州経済圏が消滅するわけではないし、これまでどおりの経済運営になるだけで各国間個別の条約での取り扱いが続き簡素化が遅れるだけだのことと思えばいいと考えるのだが...
 それより1バレル55ドル周辺で原油相場が高止まりするようだとユーロにとっても頭痛の種になりそうだ。OPEC総会を控えた増産圧力の牽制とも呼べる動きで、ユーロ決済のイラン石油との絡みもあり米国にとっては好都合かもしれない動きだろう。
 
     サイトの順位を見てみる。

« 米国の労働時間と賃金 | トップページ | 原油価格と為替相場 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4415477

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ暴落:

« 米国の労働時間と賃金 | トップページ | 原油価格と為替相場 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ