« 米ドル相場を債権から見ると | トップページ | コックを緩めるか、締めるか »

2005.07.31

IMF発表の米経済に関する年次報告書(29日)

 [指摘事項]

 米政府は公的医療・年金制度の財政負担リスクが高くいことから財政赤字削減を促進させる必要がある。

 米国は海外貯蓄に対する多大な依存と低い貯蓄率が依然として巨額な財 政赤字となっており、世界の収支不均衡の要因となっている。
 この為、生産性鈍化が顕在化すれば収支不均衡が経済成長を阻害するシステマティックリスクの発生要因になっている。
 

« 米ドル相場を債権から見ると | トップページ | コックを緩めるか、締めるか »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5239872

この記事へのトラックバック一覧です: IMF発表の米経済に関する年次報告書(29日):

« 米ドル相場を債権から見ると | トップページ | コックを緩めるか、締めるか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ