« ASEM財務相会議の声明 | トップページ | ドルは戻しに入るだろうか »

2005.07.02

米国株式は上昇だが、いつまで続くか

http://blog.livedoor.jp/kabu_san/tb.cgi/26885783 米国株式相場は自動車最大手のGMの6月の米国販売台数が46%増加という 1999年以来最大の伸びを記録したことや原油価格の急反発を背景に、エネルギー関連株に買いが入ったことで反発した。
 

 連邦公 開市場委員会(FOMC)は、米経済が高金利の影響に持ちこたえることがで きるとの見方が示され、米ミシガン大学が発表した6月の消費者マインド指数(確報値)は96.0 と、前月発表の速報値94.8から上方修正された。これは5月確報の86.9も上回った。同指数が前 月から上昇するのは今年初めとなった。指標の裏づけにより 株価は底堅く推移した。      

   
        
           ↑
       このサイトの順位を見てみる。
 
 

      

 来週4日米国株式市場は休み。
 為替の先読みとしては米国のみが金利先高の動きでたの先進諸国は追随していないことから、円中心で見た場合米ドルとの関連でユーロなどの欧州通貨、オセアニア通貨など主要通貨の動きが制限されるだろう。

« ASEM財務相会議の声明 | トップページ | ドルは戻しに入るだろうか »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4794360

この記事へのトラックバック一覧です: 米国株式は上昇だが、いつまで続くか:

« ASEM財務相会議の声明 | トップページ | ドルは戻しに入るだろうか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ