« 米国株式は上昇だが、いつまで続くか | トップページ | ボックス相場になるだろうか »

2005.07.05

ドルは戻しに入るだろうか

ロンドン外国為替市場(4日)

 対ユーロで米ドルが買われて 上昇し、2004年5月以来で初めて1ユーロ=1.18ドル台にのせ た。

 今週発表される指標を先取りした動きで、非製造業景気指数の拡大や 製造業受注の増加により米国の雇用拡大する動きが見られるとの予想から米ドルが買われている。         

      

 米ドルは英ポンド、CHFなどの欧州通貨に対しても上昇した。 今週の指標に対する反応として、米連邦準備制度が利上げを継続する動きに対する欧州中央銀 行(ECB)が政策金利を据え置くか引き下げるとの期待が強まる可能性がある。
 

« 米国株式は上昇だが、いつまで続くか | トップページ | ボックス相場になるだろうか »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/4835100

この記事へのトラックバック一覧です: ドルは戻しに入るだろうか:

« 米国株式は上昇だが、いつまで続くか | トップページ | ボックス相場になるだろうか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ