« IMF発表の米経済に関する年次報告書(29日) | トップページ | 政局混乱だと »

2005.07.31

コックを緩めるか、締めるか

 米国の財政赤字削減の処方箋として、社会保障制度の最終的な資金不足を解消するため、迅速に行動す べき時期にあり、全米的な消費税やエネルギー税を活用するなどの対策が遅れると不足額は更に膨らむと警告した。
 米国は財政赤字急増を防ぐため、社会保障制度や高齢者向けメディケアなどの資金不足緩和を目的とした緊急の改革が必要となる。

 米国の一般世帯はすでに長期的な貯蓄リスクに直面しており、政策を打ち出す必要がある。

 米経済は、昨年の4.4%成長から成長率が鈍化しておりリスク発生軽減のために第3.4四半期においに景気拡大を加速させる必要がある。
 IMFでは 米経済成長率を3.6%と予想しており、インフレは引き続き抑制されている。

 経済成長を促しコックを緩めて税収増をはかるか、コックを締めて税収増をはかるかの選択併記がIMFの報告書から読めるが...

      
       ↑
   このサイトの順位を見てみる。
 

« IMF発表の米経済に関する年次報告書(29日) | トップページ | 政局混乱だと »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5239906

この記事へのトラックバック一覧です: コックを緩めるか、締めるか:

« IMF発表の米経済に関する年次報告書(29日) | トップページ | 政局混乱だと »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ