« グリーンスパンFRB議長発言の影響 | トップページ | パワーバランス »

2005.07.24

為替と人民元の動き

      

 中国が21日、対米ドル相場を2.1% 切り上げ中国人民元のドル・ペッグ制を廃止したことは、米国の輸入物価を上昇させる公算 が大きいことから輸出競争力が増加し、これが景気への刺激となり米景気拡大によりインフレを加速させる可能性がある。

      

 中国人民銀行が、新制度では、毎日、人民元相場の終値を発表 し、これが翌営業日の取引の基準値となる。人民銀行は1日に最大上下0.3%の相場変動を認める。

      

 通貨取引変更の初期に制限いっぱいの上昇を何日も続けて認め れば、市場の先高観をあおる結果が続くことになり、相場をあまり動かさず何も 言わない 「嵐の後の静けさ」と表現する状態が続きそうで、今後数日の間に人民銀行の政策がより明確になるだろう。
 日本の政治的混乱 やユーロ圏の政治的・経済的問題からドル高傾向は継続する可 能性がある。
 為替市場は早期 に多くを期待し過ぎている。
 中国政府は、通貨の価格上昇に伴い輸出競争力が低下することによる農産物価格下落と輸出企業の収益率の一段の低下に対 する懸念があり元上昇のペースを制限すると見られる。         

« グリーンスパンFRB議長発言の影響 | トップページ | パワーバランス »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5122952

この記事へのトラックバック一覧です: 為替と人民元の動き:

« グリーンスパンFRB議長発言の影響 | トップページ | パワーバランス »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ