« ねずみ男の正体 外貨準備額減少 | トップページ | 買いが優勢だ »

2005.08.06

米ドル高基調

 5日の米国債相場は7月の雇用 者数の伸びが予想を上回ったことで、インフレ抑制のための利上げが来年まで続くとの見方が強まった結果大幅下落した。
          

      

 10年債利回りは企業や個人の借り入れ金利のベンチマークに利用されており、6週間自動車販売台数の増加等を背景 として4月中旬以来の水準に押し上げられ、米国債相場は 軟調が続いている。
 10年債利回りは8bp 上昇して4.39%。6月末には3.92%だった。2年債利回りは7bp上昇して 4.10%と、4年ぶりの高水準を付けた。         

             

7月の雇用統計
 非農業部門の雇用者 数(事業所調査、季節調整済み)は、前月比20万7000人増加      

9日FOMC
FF金利誘導目標が3.50%に設定される予想で10度目 となる利上げが実施されるだろう。

 米国債券下落により日本は外貨準備高が減少し、NY株式などの好調が目に付き円からの米ドルへの資金シフトは続きそうで、米ドルの底堅さは当分続きそうだ。

      
         ↑
   このサイトの順位を見てみる。
 

« ねずみ男の正体 外貨準備額減少 | トップページ | 買いが優勢だ »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5331466

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル高基調:

« ねずみ男の正体 外貨準備額減少 | トップページ | 買いが優勢だ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ