« 政局混乱だと | トップページ | 米ドル高基調 »

2005.08.05

ねずみ男の正体 外貨準備額減少

 財務省5日発表
 7月末の外貨準備高は8396億5600万ドル対 前月末より▲38億8100万ドル
 減少は2カ月ぶりだという。
 米国で長期金利が上がり(債券価格は下落)、保有する米国債の評価額が下がったのが主な要因だという。
 100兆円もの米国債権を買っている政府・日銀は郵政関連の預貯金や簡易保険を米国債権に融資するつもりで今国会で郵政民営化を推し進めようとしているのにはこうした裏取引があることは周知の事実だろう。

 投資先になるであろう米国債権の暴落により蒙る損害リスクの方が民営化と唱えてそれによ利発生する国民の利益よりどれだけ巨額になるかを知るべきだろう。

 忠犬から蹴り落とされた狎れの果てG8では注目すら受けないねずみ男、金ばら撒きの成金扱いでは尊敬さえされない。
   
 ねずみ男の言う事は信用できるのだろうか? 疑問だ。

      
       ↑
   このサイトの順位を見てみる。

« 政局混乱だと | トップページ | 米ドル高基調 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5324810

この記事へのトラックバック一覧です: ねずみ男の正体 外貨準備額減少:

« 政局混乱だと | トップページ | 米ドル高基調 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ