« リスクヘッジ | トップページ | 選挙結果でユーロは?NZDは? »

2005.09.17

利益誘導の代理人

 日本の総選挙が終わり、注目度が低下したことで円安傾向に再び動いている。
 この先原油価格が下がっても国内企業の手持ちの原油価格が新規分の上昇により平均価格が次第に高くなって息切れしていくことが明らかになり下駄を履かせた好景気も足踏みになるだろう。
 製品への価格転嫁が中国製品の賃金価格が安価な影響で下値に拘束されており、消費者サイドへの供給時点での最終商品のデフレ傾向に終止符は打たれない。

 地銀や信用金庫の投資先で注目度が増していた不動産投資信託(REIT)が投資物件を買い漁った結果、所有不動産からの利益確保が目論見を下回ることが顕在化し、債券の利回り率が急落する恐れが出てきておりマンションバブルの崩壊懸念が起きそうな状態だ。このままでは日本国内景気はスタッグフレーションになるかもしれない。

 郵政に熱心な政権では、早急な景気対策を行うデッドラインが刻々と迫ってきているが、このような経済崩壊の瀬戸際においてもくだらないバカ話に明け暮れるマスコミの口車に乗り、中身のないピーマン政権を支持した国民は最後はアルゼンチンタンゴを退廃的に踊らされるだろう。
 (最後は財産税で保有している土地に重税をかけ、デノミを行えば国内問題は解決するかもしれないが大きな負荷と傷跡が残るだろう)

 資本をフローにして、何も愚か者に付き合う必要もなく、手持ち資金は出来るだけリスクヘッジを掛けておくことに心がけたいものだ。何も道楽学者やエージェントに付き合う必要はない。

 
     
        ↑
  他の外国為替の ブログ を見てみる。
 

« リスクヘッジ | トップページ | 選挙結果でユーロは?NZDは? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5982278

この記事へのトラックバック一覧です: 利益誘導の代理人:

« リスクヘッジ | トップページ | 選挙結果でユーロは?NZDは? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ