« CHFの動きは鈍い | トップページ | 株価のピークアウトで »

2005.09.15

原油安定のプログラム

 国際エネルギー機関(IEA)加盟各国代表は15日、パリで、ハリケ ーン「カトリーナ」後の石油不足対応でこれまで緊急備蓄からの放出を実施しているが、今後更に拡 大するかどうかの討議に入っている。         

      

 IEAは今月、14億バレル相当の緊急備蓄から日量約200万バレル の原油・石油製品を30日間にわたって放出することを発表してからNYMEXの原 油先物相場は8%下落している。         

      

 IEAの米国代 表、カレン・アルダーマン・ハーバート氏は15日インタビューで、世界の石油市場は安定を示 し始めているとの認識を示し、米国はどの瞬間にも価格安定の原油放出支援を行う用 意があるものの米国によるIEAへの要請ではなく、IEA全体としての判断により緊急備蓄からのさらなる放出が決定さ れることを望んでいるようで、相応の負担を加盟国に求めるスタンスのようだ。

 順調に原油の生産が回復し価格が安定るるとすればユーロが恩恵を一番受けるだろう。
逆であれば、相当下落する動きに直結することになり取り組みの時期の判断が難しい。
 

« CHFの動きは鈍い | トップページ | 株価のピークアウトで »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5959802

この記事へのトラックバック一覧です: 原油安定のプログラム:

« CHFの動きは鈍い | トップページ | 株価のピークアウトで »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ