« 自然災害 | トップページ | ユーロはしばらく弱含みの動きになるか »

2005.09.04

マネーフロー

 世界の商人と言えば、華僑・ユダヤ人・インド人・アラブ人などが昔から言われている。
 マネーフローで世界中を流れるお金はユダヤ資本で約1200兆円程度あるようだ。このお金の流れ方の歪で金融危機が起きるようだ。
 お金は価値評価で実質的な価値より高いところから低いところに流れ利幅を稼ぐ動きをするが、政治・経済・自然のリスクで流れが変わるのは当然であり予測どおり動かないことの当然のことだ。信用の創造と喪失で動きも変わる。
 為替取引や株式・商品などマネーが流れる先は無限大で常に流れが変わる。
 日本国民の資産のマネーフロー化が大きくなれば、経済的な思考や教育などももう少し能力水準が向上するのではないだろうか。
 情報と言うサービスに対する価値観が低く、利益を逃す場面が多く見られる。リスクヘッジと言う意識もある程度高めることが必要だろう。

 

      
       ↑
    このサイトの順位を見てみる。

« 自然災害 | トップページ | ユーロはしばらく弱含みの動きになるか »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5776427

この記事へのトラックバック一覧です: マネーフロー:

« 自然災害 | トップページ | ユーロはしばらく弱含みの動きになるか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ