« 今日の動き | トップページ | 急落も6時間単位で見ると »

2005.09.09

ハリケーンシーズンへの対処は何もない

 国際エネルギー機関(IEA)の月報(9日)
 
 米国の製油施設に対するハリケーン「カトリーナ」が与えた被害は、生産が回復するまでに 数カ月を要するとの見通しのようだ。それまではガソリンの需要に対する供給は欧州からのガソリン輸入に頼る ことになりそうだ。

 これによりユーロ/米ドルはユーロ高にシフトする勢いが優勢になり、欧州へユーロ取引で原油等を輸出しているイランとの関係にも注目していく必要があるだろう。

  製油所閉鎖により、約3800万バレルのガソリンを含む 石油製品の生産が今月影響を受ける見通しでメキシコ湾か らの原油生産も生産施設の操業再開が遅れることで今月3300万バレルほど失われることになるとした。

 カトリーナがルイジアナ州とミシシッピ州を直撃しハリケーン被害が石油パイプラインや生産施設にも及んだことから8月30日、 ニューヨークの原油先物相場は1バレル=70.85ドルと、最高値を更新した。
 その後、IEAの要請で在庫放出と一部生産 再開を受け、原油価格は約65ドル辺りまで値を下げている。

 ハリケーンシーズンは終盤ではなく、まだ始まったばかりで最低でも1月はカリブの気象状況には目が話せない。

       
       ↑
    このサイトの順位を見てみる。


« 今日の動き | トップページ | 急落も6時間単位で見ると »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5861551

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーンシーズンへの対処は何もない:

« 今日の動き | トップページ | 急落も6時間単位で見ると »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ