« 騙しの動きに注意が必要になっている | トップページ | 米ドルは売りか »

2005.09.02

底値徘徊とボックス相場

豪ドル

 値動きが小さく10銭程度の上昇で最大でも30銭程度。6時間単位のボリジャーバンドを見ると山を下った底値を徘徊中で上値への戻しに入った動きになることが確認できるのは84円台入りしてからだろう。今のところは83円50銭の上下を揉み合いながら揺らぐ動きにしか見えない。

NZD

 一時は75銭高まで上昇しており6時間単位のボリジャーバンドで見てもトップラインの77円80銭に近づいている。ただ、今回の上げは底値部分の揉み合いからの上昇時間が短く上線が鋭角と言うより垂直に近い状態で上向いており、突然頭を押えられ水平方向に動きが変化することが考えられる。時間単位当たりの値動きは50銭程度が予想されボックス相場を形成する可能性が高いと予想している。

 
      
       ↑
   このサイトの順位を見てみる。
 

« 騙しの動きに注意が必要になっている | トップページ | 米ドルは売りか »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/5746951

この記事へのトラックバック一覧です: 底値徘徊とボックス相場:

« 騙しの動きに注意が必要になっている | トップページ | 米ドルは売りか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ