« 米国雇用統計(9月) | トップページ | デルファイ破綻でユーロは... »

2005.10.08

ユーロの買いの展望

欧州中央銀行(ECB)ジャンクロ ード・トリシェ総裁の発言(6日)

 要  旨
  ・ 物価安定に関する上振れリスクに対して強く警 戒することを保証
  ・ すべての要素は、物価安定へのリスクが増加する気配
          ↓
  インフレ傾向顕在化の前に金利を調整する

 同総裁のインフレに対して強い姿勢が示されたことが強材料となった。
 現在のユーロ相場水準では、レンジの下限に 近いと判断に買いを入れる投資家が今週半ばから多くなったことで、 ユーロ相場は堅調に推移して週間ベースで上昇した。

 ボトム買い支え要因があり、来週も基本的にはユーロは上昇すると思い買いのスタンスだ。
 週初めから買いが先行すれば139円付近で一旦売り押し目を拾い140円台入りを待つ。週初め売りが先行したら、137円50銭近辺で買い増しを入れ140円付近まで上昇して突破を待つか、一旦利食いを入れ押し目を再度買うことになりそうだ。

 
       
          ↑
    外国為替ブログを見てみる。

« 米国雇用統計(9月) | トップページ | デルファイ破綻でユーロは... »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/6302896

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロの買いの展望:

« 米国雇用統計(9月) | トップページ | デルファイ破綻でユーロは... »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ