« 朝一番 | トップページ | ヘッジファンドの運用悪化 »

2005.11.01

国連年金基金の投資先リスト

 国際連合(UN)年金基金(規模290億ドル)の投資先リストをみると、国連が提唱する企業経営の指針である「グローバル・コンパクト(GC)」に準じない企業名が並んでいる。企業400社で構成 する同リストをみた人権保護団体や年金運用者が明らかにした。

 グローバル・コンパクト(GC)とは1999年の世界経済フォーラムでアナン事務総長が提唱した10項目の行動原則のことで2000年7月に正式発足し
  ① 人権の尊重
  ② 強制労働の排除
  ③ 雇用差別の撤廃
  ④ 環境にやさしい技術 の開発と普及
などを挙げ、国際的に活動する企業にこれらの問題に対する自主的 な取り組みを促している。企業の参加を呼びかけ、拘束力はない。

 国連年金基金が投資先企業選択の過程で、スクリー ニングをかけているのだとすればその基準はとても緩く、先住民の人権や人権保 護、製品安全といった項目が含まれていないことは確かなようだ。

« 朝一番 | トップページ | ヘッジファンドの運用悪化 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/6808295

この記事へのトラックバック一覧です: 国連年金基金の投資先リスト:

« 朝一番 | トップページ | ヘッジファンドの運用悪化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ