« ブログの価値の真偽? | トップページ | 釜山でのアジア太平洋経済協力会議が閉幕 »

2005.11.20

貴金属へのシフト

 ニューヨーク商品取引所(COMEX)では17日に一時、1トロイオンス487.8ドルまで買われ金先物相場が約18年ぶりの高値に上昇した。
 インフレ傾向が強まる動きを見据えた世界の投機マネーが貴金属へのヘッジシフトを強めているようだ。

 ヘッジフアンドは原油先物から貴金属先物に資金シフトしているようで投資家がインフレに備え始めたとの見方もある。

 COMEXで金取引の中心である12月物は88年1月以来17年10カ月ぶりとなる高値を17日に一時、1トロイオンス487.8ドルまで買われた。
 18日は利益確定の売りに押され、486.2ドルと小幅反落して引けたものの朝方には489ドル台まで上げ、高値を更新する場面もあった。
 銀やプラチナなどほかの貴金属も高値圏で推移している。

 景気が回復することによる需要増加もあり、貴金属については下がる要素は今のところ見られない。
 為替相場への影響は、円中心に考えた場合は円売り材料だろう。ただ、原油市場と同じく貴金属市場も為替市場や株式市場と比較すれば小さい市場であり短期資金の出入りによる影響は受けやすい。

 

       
           ↑
    外国為替ブログを見てみる。

« ブログの価値の真偽? | トップページ | 釜山でのアジア太平洋経済協力会議が閉幕 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7224655

この記事へのトラックバック一覧です: 貴金属へのシフト:

« ブログの価値の真偽? | トップページ | 釜山でのアジア太平洋経済協力会議が閉幕 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ