« 日本の利上げは、まだ夜明け前だ | トップページ | 米ドル下落の予兆か... »

2005.12.03

波乱

 昨夜の為替市場はNY市場が開いたGMT13時にGBPとユーロが米ドルからの資金シフトが起きて買いの勢いが強まり急伸しました。

 この動きに米ドルは対円では反応が無く継続的に底が緩んで120円50銭割れ寸前まで値を消す動きが続いています。
 その後、GMT15時に円から米ドルへの資金シフトが起きて大きくボリンジャーバンド上線を突破する動きが出ましたが、約30分後には売りに押されて一気に1円の値幅を売り込まれる波乱が起きました。

 来週は、指標による影響と今年最後のFOMCの声明前の神経質な動きになりそうな感じです。

    初めの外国為替情報を見てみる。  

 ただ、豪ドルとNZDへの資金シフトは今のところ衰えませんが、市場が小さく値動きの癖があまり良くないので注意していないと経験的には火傷はひどく負うと思います。

 

« 日本の利上げは、まだ夜明け前だ | トップページ | 米ドル下落の予兆か... »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7438975

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱:

« 日本の利上げは、まだ夜明け前だ | トップページ | 米ドル下落の予兆か... »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ