« 売りで底値が緩んで谷を作りそうだ | トップページ | 反発は限定的で、底値が緩んでいる »

2005.12.22

底部分か、さらに底ができてくるのか

 昨夜は米州通貨が買われ加ドルが現在も堅調な動きを維持している。ただ、上値のレジスタンスは強そうで100円50銭は米ドルの支援がなくては突破は難しいだろう。

 欧州通貨は売りでそこが緩んでおり、GBPは90銭近く売り込まれて揉み合いになっている。ここ1週間のボトムサポートラインに面合わせする動きで割り込むと203円を割り込む動きが出るかもしれない。


    
初めの外国為替情報を見てみる。

    
次の外国為替情報を見てみる。

 ユーロは売りに押されてボトムが下がって揉み合いになっているが買戻しが短期移動平均線止まりであれば、次の売りで138円25銭のサポートラインまで値を消すことが考えられる。
 豪ドルは水平方向の揉み合い継続。
 NZDはそこが緩んでいるが値動きが小さく急激な値動きが起きやすい環境になっている。
 

« 売りで底値が緩んで谷を作りそうだ | トップページ | 反発は限定的で、底値が緩んでいる »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7772278

この記事へのトラックバック一覧です: 底部分か、さらに底ができてくるのか:

« 売りで底値が緩んで谷を作りそうだ | トップページ | 反発は限定的で、底値が緩んでいる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ