« 国別経済成長の予測 | トップページ | 世界経済について(ロンドンG7 声明) »

2005.12.04

ロンドンG7の声明

ロンドンG7財務相・中央銀行総裁会議は3日午後(日本時間3日夜)閉会した。

(声明概要)
 9月のワシントンG7では中国政府が7月21日、ほぼ10年続いた人民元とドルのペッグ(連動)制を撤廃し、複数の通貨で構成する通貨バスケットを参照した管理変動相場制度に移行させ、同時に人民元をドルに対し2.1%切り上げたことを歓迎したが、その後の相場の動きが不十分となっている現状認識に基づき、より踏み込んだ為替制度の柔軟化をの推進を中国に求めることなどを盛り込んだ声明を採択した。

 

« 国別経済成長の予測 | トップページ | 世界経済について(ロンドンG7 声明) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7454418

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンG7の声明:

« 国別経済成長の予測 | トップページ | 世界経済について(ロンドンG7 声明) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ