« 米ドルなどが暴落 | トップページ | 今日も下落か »

2005.12.14

底値を確認できるか出来ないか

 昼間の売り浴びせは米州通貨とオセアニア通貨、GBPなど先駆した通貨に顕著に現れました。
 途中の買い支えも見られましたがボトム部分を見た場合の話でトップラインは下向きのままのなで肩状態です。
 ボトムの買い支えは米ドル以外はある程度はっきりしてきた感じになっています。NY市場が開けば反抗することを期待します。

   
初めの外国為替情報を見てみる。


   
次の外国為替情報を見てみる。

  買いにより短期移動平均線を突破する兆しが出始めており、次のポイントである長期線を越えれば明日の朝には底割れ時のトップラインの延長線上まで上昇することが予想されます。
 米ドルとGBPは今の段階ではまだ底値が固まっておらず、売りが強まると更に60銭程度は値を消しそうな動きに繋がるでは...

 

 

« 米ドルなどが暴落 | トップページ | 今日も下落か »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7620815

この記事へのトラックバック一覧です: 底値を確認できるか出来ないか:

« 米ドルなどが暴落 | トップページ | 今日も下落か »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ