« 次へのステップ(ロンドンG7 声明) | トップページ | ロンドンG7声明後の取引が始まった »

2005.12.04

人民元切り上げの影響

 G7の声明が出ました。
 世界的な金余りが設備投資などの実需投資より投機資金などに迂回している現状に変化は見られません。
 これまでの利上げによるインフレ対応の環境では、新興国の資金調達を難しくするなどの悪影響を及ぼす恐れが高くなってデフォルトを起こされることが予想されます。(ブラジルやアルゼンチンなどで発生しかけた金融危機の再来)

 中国人民元の引き上げは、デノミ輸出と揶揄される環境に変化が起きることとなります。人民元の使用価値が上がった中国ではエネルギー輸入量は購入価格が対元で値下がりすることメリットを享受し実需は大幅に増加することが予想されます。G7で期待するような安定は原油相場には起こりえず、原油価格を引き上げる圧力が持続する可能性が高くなるのではないでしょうか。

 円の価値判断は難しくなります。声明で円について言及しなかったのは、中国人民元の引き上げ乃至変動幅拡大させる時期により、円への影響が上下に大きく出るからだと思います。(逆に円資金流出に伴うリスクを負いたくなかったのかも)
 一般的に円高見込みに相場が動くとすれば企業が購入した米国債などから投資資金の引き上げ等に伴い債券暴落が起き米国のインフレが加速することで世界経済が混乱する恐れが出てきます。

    初めの外国為替情報を見てみる。  

     次の外国為替情報を見てみる。

 12月に香港で開催される世界貿易機関(WTO)の閣僚会議までは現状の為替取引の動きが続きそうな感じが今のところします。
 

« 次へのステップ(ロンドンG7 声明) | トップページ | ロンドンG7声明後の取引が始まった »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7454554

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元切り上げの影響:

« 次へのステップ(ロンドンG7 声明) | トップページ | ロンドンG7声明後の取引が始まった »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ