« 天井が薄くなっている | トップページ | ロシアの原油 »

2006.01.02

年始の取引が始まった

(為替市場の動き)

 新年の為替取引市場がGMT18時から順次再開しました。

 市場が開いてから5時間近く経過していますが、米ドル、ユーロは通常のスプレッドの戻って取引が行われています。

 他の主要通貨を見てみるとGBP1円、CHF39銭、豪ドル58銭、加ドル69銭、NZD92銭と拡がったままの状態で方向性がつかめない閑散した取引が続いています。


   
 初めの外国為替情報を見てみる。


   
 次の外国為替情報を見てみる。 

 オセアニア通貨は売り優勢の動きが強そうでボリンジャーバンド下線割れまでポジションが下がっているようです。逆に、加ドルは移動平均線付近のポジションにあることから買いが強そうに見えます。

« 天井が薄くなっている | トップページ | ロシアの原油 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7956398

この記事へのトラックバック一覧です: 年始の取引が始まった:

« 天井が薄くなっている | トップページ | ロシアの原油 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ