« 反抗の時は何時になるのやら? | トップページ | NZDの買いは何時がいいのだろう »

2006.01.19

上値は限定的

(今日の為替相場)

 昨夜は売りが続き大きく値を下げる動きが見られました。買いが入っても短期移動平均線止まりで売りが入っており反発する力が弱いのが気になります。

 特に目立つのがNZD、豪ドル、加ドルでボリン下線と短期移動平均線の間をもみ合いながら底値が緩み下落する動きが続き買いのサポートが弱い状態でポジションが下がっています。


   
 初めの外国為替情報を見てみる。


   
 次の外国為替情報を見てみる。 

 米ドルは週間の上向きボトムラインまで下落後反発に転じましたが、下向きの長期移動平均線でレジスタンスが入り頭を押さえられています。東京市場が開くまでに突破するかに注目したいと思います。

 ユーロは天井部分でのボックスに変化しそうにも見えますが、底値部分が上向きボトムラインを割り込んでのサポートになっているため売りが強まり谷を作ると見ています。

 

 

 

« 反抗の時は何時になるのやら? | トップページ | NZDの買いは何時がいいのだろう »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/8229070

この記事へのトラックバック一覧です: 上値は限定的:

« 反抗の時は何時になるのやら? | トップページ | NZDの買いは何時がいいのだろう »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ