« 米利上げ予測が台頭か? | トップページ | 議事録公開 »

2006.01.04

ロシアの天然ガス

 NYMEXの原油先物相場は1バレル 63ドル台に急伸し、2カ月ぶりの高値を付けた。
 ロシアとウクライナ間で欧州向け天然ガス供給をめぐる価格競争から供給障害に発展し、欧州における天然ガス供給の約4分の1を担うロシアへの不信感が台頭した。
 ロシアはその大半をウクライナを経由したパイプラインに依存している。

 ロシアが1日にウクライナへの出荷を削減したことにより、欧州の一部では供給が減少した。しかし、3日には欧州諸国の政府による抗議を受けて供給を通常のレベルに回復させている。

 今後も欧州での天然ガス供給障害が発生するリスクがあり、こうした問題が長期化すれば、政策的な代替燃料への需要が高まるとともにロシアの信頼性が低下し、欧州投資家などによる資金の引き上げからルーブル暴落のリスクが高まるだろう。

« 米利上げ予測が台頭か? | トップページ | 議事録公開 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/7991515

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの天然ガス:

« 米利上げ予測が台頭か? | トップページ | 議事録公開 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ