« 量的緩和政策の解除の先読みか | トップページ | 消費信用残高 »

2006.02.08

底値の状態は緩いか硬いか

(今日の為替相場)

 きのうは、GMT9時からの2時間が売りでボトムサポートが割れ底値を探る動きが続きました。丁度、欧州市場が開いた時刻で日銀の量的緩和政策の解除をにらんだポジション調整の動きのように感じます。

 その後の動きを見てみると米ドルと欧州通貨はボトムを付けて底値買いが入りボトムが上昇していく動きになっています。

 

       初めの外国為替情報を見てみる。(Heaven)

 

 ただ、加ドルはボトムサポートが効いておらずにそのまま下落する基調で値を消しています。

 また、豪ドルやNZDはボトムサポートは効いているもののトップラインが移動平均線の下げ方向で売りが出ており、このまま底が割れるような環境になりつつあり、更に1円程度下がるような予感です。

 

« 量的緩和政策の解除の先読みか | トップページ | 消費信用残高 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/8559966

この記事へのトラックバック一覧です: 底値の状態は緩いか硬いか:

« 量的緩和政策の解除の先読みか | トップページ | 消費信用残高 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ