« ファンドマネージャーの意識 | トップページ | バーナンキ証言 »

2006.02.15

様子見気分

(今日の為替取引)

 昼間は東京市場が開いてから上値が重くなりほぼ水平の揉み合いが続いています。

 トップにあるレジスタンスは、米ドル117円80銭、加ドル102円、ユーロ140円50銭、GBP204円40銭、CHF90円10銭、豪ドル87円30銭、NZD79円70銭とといったところです。

 オセアニア通貨はラインがくっきりしているものの欧州通貨や米州通貨は売りに押されトップラインは下向きでボトムが移動平均線を割り込みそうな状態になっています。

 

       初めの外国為替情報を見てみる。(Heaven)

 

 米国株式相場が11000ドル台乗せの上昇で資金シフトの動きが強く見られたものの東京株式市場変の波及は限定的で午後は売りに押されて値を消しました。この影響もあり、また注目の新FRB議長の議会証言が気になるところで様子見気分が長引いているようです。

 

« ファンドマネージャーの意識 | トップページ | バーナンキ証言 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/8676214

この記事へのトラックバック一覧です: 様子見気分:

« ファンドマネージャーの意識 | トップページ | バーナンキ証言 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ