« 欧州経済は拡大基調だが... | トップページ | タイミング »

2006.02.02

反落のときはいつだろう、そろそろ準備したほうがいいのだろうか

(今日の為替相場)

 昼間は底値買いの動きが継続し上値を追う動きが加速していきました。

 特に注目なのはNZDの動きです。現在の値段は日替わりから90銭程度高くなっています。この先どこまで上昇するのかが気にかかるところで6時間単位のボリンでは既に天井を突破しており、日で見た場合は83円50銭といったところでしょうか。

 ただ、ボックスの動きからの変化で目先82円程度で下押しすることも考えられます。

 

   初めの外国為替情報を見てみる。(Heaven)

 

 米ドルは買いが出て上昇する動きが続いていますが、経済情勢から考えれば売りにいつ転じてもおかしくない状況になっています。目先120円台付近で反落すると考え見ています。

 加ドルが米ドルに連動した動きが見られません。上昇する動きが出ても以前のように倍上がる動きにはなっておらず限定的な感じがします。

 

 

« 欧州経済は拡大基調だが... | トップページ | タイミング »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/8469299

この記事へのトラックバック一覧です: 反落のときはいつだろう、そろそろ準備したほうがいいのだろうか:

« 欧州経済は拡大基調だが... | トップページ | タイミング »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ