« 景気動向指数(12月) | トップページ | 量的緩和政策の解除の先読みか »

2006.02.07

買い場到来か、目論見外れて見送りとなるのか

(今日の為替相場)

 昨夜は売り買いの動きが目立たなかったことから値動きが乏しく米州通貨は安値からの買戻しの動きが見られました。

 欧州通貨やオセアニア通貨は底値を探る動きから揉み合い、水平方向に移動する動きが続き、トップが移動平均線で押さえられるレジスタンスを抜けないといった状態が見られ、時間単位の値動きは小さくなっています。

 

   初めの外国為替情報を見てみる。(Heaven)

 

 NZDは81円の大台割れて前で揉み合いが続いているもののレジスタンスの移動平均線を上抜け出来ないため81円を割り込めば大きく値が沈みそうだ。豪ドルや欧州通貨も同じような環境にあり目が離せないし、絶好の買い場が訪れるかもしれません。

 

 

« 景気動向指数(12月) | トップページ | 量的緩和政策の解除の先読みか »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/8544615

この記事へのトラックバック一覧です: 買い場到来か、目論見外れて見送りとなるのか:

« 景気動向指数(12月) | トップページ | 量的緩和政策の解除の先読みか »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ