« ECBの声明と会見の予定 | トップページ | 来週の注目指標 »

2006.03.04

バフェット氏の05年投資は撃沈

 米国資産家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資・保険会社、バークシャー・ハサウェイの株価リターンは過去1年間で3.7%下落した。

 KBW保険指数が同期間に14%上昇したのとは対照的な動きとなった。
 過去5年間のリターンは25%となっており、KBW指数の同期間の値上がり率(33%)を下回る。

 バークシャーは昨年、大型ハリケーン「カトリーナ」に絡んだ保険支払いや米ドル相場の読みが外れたこと、ゼネラル再保険をめぐる当局の調査で収益が圧迫されたことなどが原因と考えられる。
 バークシャー・ハサウェイが4日発表する05年度決算は、投資損益を除いたベースで過去20年間で最悪の水準で2年連続の減益となる公算が高い。
 ただ、ジレットへの投資利益を含めた純利益は増益となる見込みだ。

 世界で最も偉大な投資家と知られているバフェット氏も自然災害には勝てず、為替の読みもヘッジファンドや中国の経済力拡大による資金の流れが読めずに撃沈してしまった感じだ。

 バフェット氏の為替相場に対する読みは当たっていない。再保険部門の損失も見込まれる。これらは逆風が強まりそうだ。

 ダボス会議での円高への読みの割合を考える必要がある。所詮、話は6割程度の信頼度で見ていくほうが得策だろう。

 

« ECBの声明と会見の予定 | トップページ | 来週の注目指標 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/8934309

この記事へのトラックバック一覧です: バフェット氏の05年投資は撃沈:

« ECBの声明と会見の予定 | トップページ | 来週の注目指標 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ