« 景気悪化懸念が出始めた | トップページ | 中東地域での鳥インフルエンザ »

2006.03.17

欧州は景気回復途上

 欧州委員会のアルムニア委員(経済通貨問題担当)は17日、スロベニアのリュブリャナで会合し、原油高による影響が賃金上昇や消費財価格高騰などに波及するという、いわゆる2次的影響が現れてきていないことから欧州域内のインフレが鈍化するとの見通しであるとのこと。

 同委員は会合において

      「インフレは引き続き抑制されている」
とし
    「高水準にある原油価格は今年初めに消費者物価を押し上げたものの、インフレ率は前年比で低下する見通しだ」

と述べ今後インフレ傾向が沈静化する鋳込みをしているとの発言をしたようだ。


       初めの外国為替情報を見てみる。(Fx Rank)

 

 

 域内インフレ率は2月に2.3%となり、前月の2.4%から低下した。

 然しながら、欧州中央銀行(ECB)の目標上限を現時点でも9カ月連続で上回る状態が継続している。
 アルムニア委員はまた「03年夏に回復し始めた域内景気は、現在本格化している」と指摘した。

 このことからECBによる利上げ観測も弱まりつつあるようで円高に資金がシフトしているようだが、間もなく収束すると思われる。

 

« 景気悪化懸念が出始めた | トップページ | 中東地域での鳥インフルエンザ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9134710

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州は景気回復途上:

« 景気悪化懸念が出始めた | トップページ | 中東地域での鳥インフルエンザ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ