« ドーハラウンド(ロンドン)は進展なし | トップページ | 目標設定の功罪 »

2006.03.14

景気への影響

 アラン・ハバード米国家経済会議(NEC)委員長の講演(13日)

   ワシントン郊外
   全米企業エコノミスト協会(NABE)の会議において

講演概要
 イラク戦争がブッシュ大統領の支持率を押し下げ、消費者の景気を見る目を曇らせている。
 景気に対する国民の感じ方にイラク戦争が大いに影響している。
 然しながら、悲観的な景気観があるものの現在のところ、個人消費の落ち込みという形で表面化していない。

 消費者は全般的な経済について懸念を口にするが、現在の経済環境にはかなり満足しているような消費活動をしている。

 また、同大統領に対する国民の支持は
        「さほど高くない」
と認められ、こうした不満から消費者心理が悪化している。

 ブッシュ大統領はイラク戦略への国民の支持を取り付けようと、13日を皮切りに一連の演説を予定している。

 

    関連しそうな外国為替情報を見てみる。(Heaven)

 

2月22日のモスク爆発事件以降、イラク政権樹立を模索するなかでの派閥争いが、いずれ内戦に発展するのではないかと懸念される。

« ドーハラウンド(ロンドン)は進展なし | トップページ | 目標設定の功罪 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9081995

この記事へのトラックバック一覧です: 景気への影響:

« ドーハラウンド(ロンドン)は進展なし | トップページ | 目標設定の功罪 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ