« 不動産の動きが活発(米国2月) | トップページ | 新築一戸建て住宅販売大幅減少 »

2006.03.24

スイス国立銀行理事の講演

フィリップ・ヒルデブラント理事(スイス国立銀行(SNB))
           チューリヒでの講演(23日)

 SNBは16日、政策金利としている3カ月物ロンドン銀行間貸出金利(LIBOR)の

     誘導目標を1.25%(△0.25)

とすることを決定した。
この利上げで、同政策金利は02年7月以来の高水準となった

 

  影響を受けた外国為替情報を見てみる。(Fx Rank)

(講演内容)
 政策金利正常化のペースと程度は、これからの経済発展次第で決まる。
 インフレ動向が好ましく、インフレ期待も依然としてうまく安定している現状から、政策金利を中立水準に向け、慎重に調整することは可能である。

 政策金利の

     漸進的な正常化

を継続するとの見解を示した。

 

« 不動産の動きが活発(米国2月) | トップページ | 新築一戸建て住宅販売大幅減少 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9233630

この記事へのトラックバック一覧です: スイス国立銀行理事の講演:

« 不動産の動きが活発(米国2月) | トップページ | 新築一戸建て住宅販売大幅減少 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ