« 債券相場が下落 | トップページ | イランの核開発問題の動き(13日) »

2006.04.13

年金の投資先ポートフォリオ

川瀬理事長(年金積立金管理運用独立行政法人)の発言
    13日、ロイターとのインタビューで

 年金管理運用法人はあらかじめ決められたポートフォリオの構成比率を維持できるように機械的に運用しており、今年度の新規の市場運用額(8.7兆億円)のうち

     大部分を国内債券の運用に割り当てる

との見通しを示した。

 国内株式に関しては、相場の上昇に伴い、資産比率が高まっていることから追加して買う状況にはない。

 今年度の市場運用分の移行ポートフォリオ
     国内債券 53.8%(かい離許容幅±6%)
     国内株式 21.2%(同‐5%)

に設定している。

 

 

       初めの外国為替情報を見てみる。(Fx Rank)

 

 昨年12月末現在のポートフォリオ
     国内債券が49.01%
     国内株式が26.01%

 委託ファンドの選定に関しては、約3年ごとに見直している。
 今年度は見直し時期にあたる。
 現在、委託ファンドは信託銀と投資顧問を合わせて79ある。

« 債券相場が下落 | トップページ | イランの核開発問題の動き(13日) »

要人発言」カテゴリの記事

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9571516

この記事へのトラックバック一覧です: 年金の投資先ポートフォリオ:

« 債券相場が下落 | トップページ | イランの核開発問題の動き(13日) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ