« 人民元が間もなく1ドル7元台入りか? | トップページ | ユーロは6月に利上げ »

2006.04.11

ユーロは再均衡が取れているとする局面にまだ至っていない。

 イブ・メルシュ総理事(ルクセンブルク通貨庁)の発言(11日)
   欧州中央銀行(ECB)政策委員会のメンバー
のは、ユーロ圏におけるインフレ見通しなどについて、

  ECBの6日の金融政策決定は全会一致のものである。こえまでユーロ価格は上昇したものの再均衡が取れているとする局面にはまだ至っていない。

 われわれは引き続き物価安定に努めなければならない。

 われわれはインフレの対応として、いつでも行動できることを明確にしておくのは重要だ。
 インフレリスクは依然として上振れ方向にある。

とルクセンブルクで記者団に対し話した。

 

« 人民元が間もなく1ドル7元台入りか? | トップページ | ユーロは6月に利上げ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9538324

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは再均衡が取れているとする局面にまだ至っていない。:

« 人民元が間もなく1ドル7元台入りか? | トップページ | ユーロは6月に利上げ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ