« 反発の勢いにばらつきがある | トップページ | 豪 3兆円の所得税減税実施 »

2006.05.09

為替報告の内容待ちで7元台入りはお預け

 米財務省が10日(日本時間11日未明)発表する為替報告で、中国の為替操縦国としての認定を避ける可能性があるとの見方が強まっており、9日の人民元相場は、1ドル=8元を前に上値が重くなった。

 米国からの通商制裁を回避することを目的に、中国は人民元の管理を緩和した。
 今回は発表になるのは05年後半の為替報告であり、報告期間の中には、

     7月のドル・ペッグ(連動)制の廃止
     複数の通貨で構成する通貨バスケット制による変動管理フロート制

に移行し対米ドルで1.3%の上昇を容認した。
 この為、表現的には制裁発動を勧める内容とは異なるかもしれない。

 人民元の通貨先物は、週内に7元台との予想水準で取引されているが、中国国内の経済格差解消が進んでいないことから政情不安に陥るリスクが高まりそうだ。

 

« 反発の勢いにばらつきがある | トップページ | 豪 3兆円の所得税減税実施 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9992111

この記事へのトラックバック一覧です: 為替報告の内容待ちで7元台入りはお預け:

« 反発の勢いにばらつきがある | トップページ | 豪 3兆円の所得税減税実施 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ