« コメントが気になるところ | トップページ | 身動きとれず »

2006.05.26

資源大国

 AZの鉱山会社BHPビリトンは26日、06年度の鉄鉱石価格交渉で、欧州、日本、韓国の主要鉄鋼メーカーと19%の値上げで合意したと発表した。

 なお、これまでにブラジルの鉱業大手バレ・ド・リオ・ドセやオーストラリアのリオ・ティントも鉄鋼メーカーとの間で同じ19%の価格引き上げで合意している。

 原料不足の中国の動きで生産量とのギャップが大きくなった結果、昨年以来大幅な上昇となっているが、中国の粗鋼生産量の拡大も今一服状態になっており、人民元も1ドル=7ドル台要りは短時間で押し出されており購入量拡大の見込みは薄い。

 

 

        ブログランキング

 

 資源大国の豪ドルの価値は今後も上がる見込みであり、85円台入りも確保も時間の問題だろう。

 

 

« コメントが気になるところ | トップページ | 身動きとれず »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10250208

この記事へのトラックバック一覧です: 資源大国:

« コメントが気になるところ | トップページ | 身動きとれず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ