« 高値安定 | トップページ | ある種の調整 »

2006.05.23

リスクヘッジ

 ビーニ・スマギ理事(ECB)の発言(22日)

   場  所  パ リ

   要  件  経済協力開発機構(OECD)の会合

(発言概要)

 欧州の家計を見るとこれまでの低金利と住宅価格の上昇の影響で、よりリスクの高い投資を促していることから、負債額の増加が見られる。そのため家計は金利変動の影響を受けやすいとの議論となっている。

 マクロ経済と財務状況を評価する際、家計に関するリスクに着目する必要がある。  

 経済成長が加速するなか、インフレ抑制に向けECBは昨年12月以来、2度の利上げを行い、政策金利を2.5%とした。

  

         ブログランキング


 

« 高値安定 | トップページ | ある種の調整 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10198890

この記事へのトラックバック一覧です: リスクヘッジ:

« 高値安定 | トップページ | ある種の調整 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ