« 脅威(鳥インフルエンザが人から人への感染確認か?) | トップページ | 乱気流 »

2006.05.24

住宅関連指数大幅悪化だが米ドルの動きへの影響は弱い 

す全米抵当貸付銀行協会(MBA)の指数が発表になった。

   住宅ローン申請指数(季節調整済み)は

    522.6(前週比 ▲ 6%)  
       5月12日までの1週間

であった。

 これは2月以来最大の下げ幅で、借り入れ費用の増加で住宅購入と借り換えの需要が低下したことが原因のようだ。

 購入指数  396.4(前週比 ▲ 7.1%)
 借り換え指数 1480.5(前週比 ▲ 4.3%)
 住宅ローン30年物固定金利の平均  
      6.61%(前週 6.67%)
と微減となったものの02年以来の高水準を維持している。    

 経済の牽引的な要素が強い住宅市場は、全体的に経済成長が鈍化しており、住宅価格はかなり急激に下がるものの住宅販売と着工件数はこれまでよりさらに低い水準で安定するといわれる。

 

                 

 

« 脅威(鳥インフルエンザが人から人への感染確認か?) | トップページ | 乱気流 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10225269

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅関連指数大幅悪化だが米ドルの動きへの影響は弱い :

« 脅威(鳥インフルエンザが人から人への感染確認か?) | トップページ | 乱気流 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ