« 第3次石油ショックの危険 | トップページ | 買い時と買い場の判断が難しい »

2006.05.08

底値買いのタイミング

(今日の為替相場)

 5月第2週の外国為替取引がGMT19時より再開され先週末に米ドルが売られる動きが再び強まって50銭近く値を消した状態から始まり下向きに値を消す動きを示すボリン下線に向かって底値が下がる動きとなっている。

 米ドルを買う動きが強まり東京市場があと2時間程度で開くが、今日は、買う気にはなれない相場展開が続くのではないだろうか。

 欧州通貨やオセアニア通貨も連動して下げて始まっており、揉み合いで短期線方向に向かう動きも見られるが売りで頭が下向きであり更に底値を下げそうだ。
 ただ、ユーロやGBPは6月に利上げの見込みが大きいことから限定的で底値を買うタイミングを考えることも必要だろう。

 

« 第3次石油ショックの危険 | トップページ | 買い時と買い場の判断が難しい »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/9956256

この記事へのトラックバック一覧です: 底値買いのタイミング:

« 第3次石油ショックの危険 | トップページ | 買い時と買い場の判断が難しい »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ