« エコノミックアウトルック | トップページ | 脅威(鳥インフルエンザが人から人への感染確認か?) »

2006.05.24

影響力低下

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が昨夜、米上院銀行住宅都市委員会で開催された公聴会の後、質疑応答で

    10日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文

について、インフレの上振れ・リスクを指摘したものと回答したようだ。

 また、4月27日の議会証言において利上げ小休止を示したと判断されたことについて、CNBCのキャスターが

   バーナンキ氏は(自分との会話で)市場は誤解していると話した

と報じた点に関しては

   自らの判断ミス

と非を認めた。

 その上で、今後の発言は公式の場に限定すると確約したようだ。
 米株市場の下落については、一時的なものか継続的なものかの判断を見送りたいと述べたほか、

     あらゆる要素が米株市場に影響をきたしている

と回答するに止めた。

 この発言に為替市場の反応は鈍く、株式市場も下落基調をたどっており変化は見られない。

 

« エコノミックアウトルック | トップページ | 脅威(鳥インフルエンザが人から人への感染確認か?) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/10215730

この記事へのトラックバック一覧です: 影響力低下:

« エコノミックアウトルック | トップページ | 脅威(鳥インフルエンザが人から人への感染確認か?) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ